いのうちのおうち。

井内友理恵の気ままブログです。

出演情報『メランコリックフュージョン』

こんにちは!

いのうちだよ。



八焔座1.5公演の情報公開されてから、たぶんリアルに10回くらいパソコンで更新しようとがんばったんですが、ほんっとにダメでした…


なのでiPhoneからです。大変お待たせいたしました!


今回、ライブ会場でありバー空間での演劇公演でございます。


人生初です。



********


八焔座1.5公演


『メランコリックフュージョン

作・演出 菊地史恩
音楽 竹山諒


 『妹に笑ってほしい』

 その思いで舞台役者からお笑い芸人に転身した藤達也は、

相方の金平英輔と共にLIVE BARでのイベントに出演する。

 

その最中、達也は英輔に予てからの悩みを打ち明ける。

「俺、やめようかと思ってるんだ」

 

場所は赤坂LIVE ARTのリアルな空間そのもの。

時は公演と公演の間、"アイドルタイム"。

 

これは「舞台」に携わる人間達の、小さな現実。



◯キャスト◯

井内友理恵
金海用龍

三品優里子

(以上、劇団員)

菊本恵美

鋤柄拓也

フジタタイセイ

麻衣阿


※五十音順



◯公演日程◯

2016/6/10(金)〜12(日)


6/10(金) 19:30

6/11(土) 14:30 / 19:30

6/12(日) 13:30 / 18:30


※開場は開演の30分前です。

※上演時間約1時間です。

※終演後、1時間程度の歓談の時間がございます。

※Bar空間ではありますが、当日は分煙しております。



◯会場◯

Live Art @赤坂

東京都港区赤坂3-11-13

コンチネンタル赤坂Ⅲ4F



◯チケット◯

2.500円

※1ドリンク付き

※2杯目以降500円でCush on



◯ご予約◯

https://www.quartet-online.net/ticket/yaen15?m=0cjbahb(井内友理恵扱い)



********


まさかの2公演連続の妹役であります。
タカナシ家での末っ子とはまた違った妹がご覧いただけるかと!

お酒を飲みながらの観劇、どうぞお楽しみください!
どの回もまだお席ご用意できます。
終演後お話できる時間もあるのでぜひぜひ皆様、お気軽にお声掛けくださいねっ(*^◯^*)

5月病なんて

 

 

5月病なんてクソ食らえ!うぇい!

いのうちです。

 

ここに来て最近みた映画とかとかを載せておきますね!

 

「シャーク・ウィーク」

ビーチ・シャーク

「最強絶叫計画」

「最愛絶叫計画」

名探偵コナン 絶海の探偵」

「愛しのローズマリー

スクールオブロック

最高の人生の見つけ方

インターステラー

バッファロー'66」

 

ドラマ

ライ・トゥー・ミー

「ホワイトカラー」

 

アニメ

サイコパス」1期、2期

 

 

個人的に最高にお勧めしたいのは「バッファロー'66」です。

私も知人に貸していただいて観たのですが、内容は結構重いのになぜか笑ってしまうのと、主演のヴィンセント・ギャロが監督、原案、脚本、音楽をも務める作品で、カメラワークもすごく安っぽい固定だったりするのになぜか面白くて。

汚い言葉ばかりなのに、優しくて、寂しくて愛おしくなる。そんな作品でした。

最後のシーンが本当に好き。

あと、この作品のジャンルはラブコメだと思います。ちょー喜劇です。まさに、フォーカスすると悲劇だけれど、大きくみれば喜劇、そんな感じ。面白かったなあ。

 

あと、一時サメ映画が猛烈に観たくなって2作品みてお腹いっぱいになりました。シャーク・ウィークはまじでやばかったです。CGがもう観れたもんじゃない笑

なぜサメ映画作ろうとしたんだ!という…

 

ビーチ・シャークはまだサメの設定が面白かったです。でもストーリーのギミックが「ええーっ」とマスオさんばりに驚きました。そんなんでよいのかと。パニック映画になりきれていない感がすごかった。笑

 

1ヶ月半前くらいはB級映画推しだったのですが、いまは良いものが観たいかも!コアな作品、お勧めされなきゃ知らないような作品が観たい!

 

ナショナルシアターライブもご無沙汰なので、みなさん頼みます!!

 

 

今年はあと174本観る!

あ、全然観れるぞ。

引き続きお勧めお待ちしております(^^)

 

 

ではでは、Twitterでは先にお知らせさせていただいておりますが、5月末に出演舞台について…

 

ただいま絶賛稽古中!

ご予約も受付中!ぜひぜひおいでくださいませっ(^◇^)

 

 

2016年Gフォースプロデュース

『タカナシ家、明日は晴れ』
 

f:id:yuri44kota:20160510003713j:plain

 

f:id:yuri44kota:20160510003823j:plain

 
脚本・演出 加藤英雄
音楽 後藤紗亜弥(BLOOD LINE)
 
 
○キャスト○
 
上田 茂
佳山 みな
鈴木 咲稀
篠崎 誓
井内 友理恵(八焔座)
齊木 隆行
北井 敏浩
尾崎 彰雄
堀越 健太
田口 鳩子
加藤 英雄
 
 
○公演日程○
 
2016/5/22(日)〜29(日)   全10公演
 
 
 
○チケット○
 
前売・当日共  3,200円 (全席自由席)
 
 
○会場○
 
Gフォースアトリエ
 
 
※第一荒井ビル1階奥へ進み、黄色い螺旋階段からお上りください。
※会場内にお手洗いのご用意はございません。第一荒井ビルの2階にあるお手洗いをご利用ください。
 
 
都営大江戸線 蔵前駅
A5・A6・A7出口から徒歩2分
・都営浅草線 蔵前駅
A2・A4出口から徒歩4分
 
 
○ご予約・お問い合わせ○
 
 
・いのうちのTwitter@yurie_ktrやブログのコメント欄からでもご予約できます!
お気軽にご連絡ください!
 
※ご予約の際は「お名前・ご予約の日時・チケット枚数・ご連絡先(確認メールご希望のお客様のみ)」をお送りください。
 
 
 
皆様のご来場、心よりお待ちしております!
いのうちでした!
 

大好きな4月

 

 

ブログでお久しぶりです。

いのうちです。

 

週一更新の目標は見事にやぶれています。いや、諦めたらそこで試合終了っちゅーことで、いくらでも挽回してやりますよ…!

 

…本当にすみませんでしたm(_ _)m

 

 

4月は本当に怒涛でした。

 

まずは上旬、栗☆兎ズ『動く物☆』

f:id:yuri44kota:20160326034614j:plain

 

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました!

 

全3チーム、同じ脚本を異なるキャストでお送りする行動展示。

本当に面白い試みでした。結果ものすごく面白かった。

自分ではこうとしか読めなかったホンが別解釈されているものを外からみるのも、なんだか変な気分でした。

 

エロ本のくだりと、ムジナくんがプリングルズを必死に鞄に詰め込むのがたまらなく好きでした。

 

 

そして、Twitterでもお知らせしました通り、本番途中インフルエンザB型が発症し、急遽の降板とキャスト変更に関して、本当に多くの方にご心配とご迷惑をお掛けしました。

改めて、謝罪させてください。

本当に申し訳ありませんでした。

 

気にせずに身体を大事にしてくださいとご連絡くださったペアの濱津さん、その上キャスト変更を快く受けてくださった渡邊さん、大丈夫です大丈夫ですとひたすら優しい言葉をかけてくれた本橋くん。

 

本当に救われました。

 

今までの役者人生で、降板ということは初めてでした。

自分のわがままで無理やりスケジュールを詰め込んだ結果です。よくない。本当によくない。大反省です。

起きたことはもうどうすることもできません。しかし、今後このようなことは二度としたくありませんし、しません。

 

たくさんの方に支えられました。

本当に私は幸せものです。

みんなありがとう。大好きです。

 

f:id:yuri44kota:20160507232024j:plain

わざわざコラージュ画像を作ってくれました。

集合写真撮りたかったなあ。

 

 

f:id:yuri44kota:20160507232002j:plain

こちら渡邊さんが描いてくださった似顔絵。ほんま素敵。

 

 

このご恩お返しするためにも、今後努力を惜しみません。みなさんのために今、水面下で動いていることもあります。はっきり実現できるのは短くて3年後、いや5年は必要かと思います。みなさまどうかお待ちください。

 

 

 

そして下旬、Gフォースプロデュース『幕末純情伝』

f:id:yuri44kota:20160507232457j:plain

 

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました!

 

そしてこちらにも多大なご迷惑をお掛けしました。やっと本格的に稽古に合流できるかと思ったらインフルエンザ…主演が1週間稽古場を空けるという、前代未聞の事態でした。

 

プロデューサーで演出の後藤さんに連絡をした時、

「じゃあ降板だな」と言われても仕方ないと、覚悟をしておりました。

正直なところ、あの期間一生分泣いたんじゃないかと思いました。

 

しかし、後藤さんは、

「幕は必ず開く。しっかり治してきなさい」

と、こんな私を見放すことなく、変わらず信じてくれました。

 

いざ治って、稽古場に顔を出す時も、みんなの顔を見るのが怖かったのですが、座組のみんなは「大丈夫か」「無理はするな」と本当に、誰一人嫌な顔ひとつせず、ここから追い上げていくぞと言わんばかりに、明るく迎え入れてくれました。

 

そしてなんと、誕生日のお祝いまでしていただきました!

f:id:yuri44kota:20160507232908j:plain

f:id:yuri44kota:20160507232945j:plain

同じく4月生まれの坂本龍馬役、小野寺博さんと共にお祝い。

嬉しさ。はんぱなかったです。

本当にみんなありがとう。大好き。

 

 

私も泣き言を言っていられない。みんなの期待に応えたい。みんなのためにもがんばりたいと気持ちを強くしました。

 

結果、お客様は素敵な拍手と、笑顔と涙を見せてアトリエを後にしました。

大絶賛のお声もいただき、毎日毎日みんなに迷惑をかけ続けた甲斐がありました。笑

 

f:id:yuri44kota:20160507233452j:plain

こちら、Twitterにも投稿しました、手合わせの様子です。

みんなが何度も何度も練習に付き合ってくれたから、私の沖田総司がありました。

 

 

初めてのつかこうへい作品、『幕末純情伝』沖田総司役。

こんなに周りに支えていただける役というのもなかなかないと思います。

みんなに愛してもらえて、本当に幸せでした。

 

f:id:yuri44kota:20160507233732j:plain

すっごい白飛びした集合写真。あー楽しかったなあ。

 

f:id:yuri44kota:20160507234002j:plain

 

こちら、小野やぴ子大先生がひとりひとりに作ってくれた手作りストラップ。

もちろんiphoneにぶらさがっております。

 

 

4月、あっという間に去って行ったね4月。

大好きな4月。私が生まれた月だからというのもあるのですが笑

 

2016年25歳になった4月はさまざまな意味で特別なものになりました。

濃密な時間、とても多くの方に支えられて生きられているという実感、

感謝しかない1カ月でした。

 

私から皆様に言えることは、ありがとうの一言くらいです。

いくら言葉を尽くしても足りないので、あえてこの一言で。

 

 

みんなありがとう。

『幕末純情伝』


こんばんは。


随分遅れての更新、申し訳ありません…!


いのうちはインフルエンザB型という名の病に伏せ、しんでました。


しかし華麗に蘇りました!

どうかお許しを…


そして、栗☆兎ズの終演ブログも更新しないままですが…お待ちください。また日を改めて更新しますゆえ…!



今は直前の公演、

つかこうへい作品『幕末純情伝』の宣伝をさせてください。


いつかやりたいと思っていたつか作品。そして、絶対に演じると決めていた幕末純情伝の沖田総司を演じさせていただきます。


実はいのうち初めての殺陣。恐ろしい立ち回りの量です。そして、こんな激しい愛の物語はなかなかありません。

勝手に心が動きます。とにかく喉を潰さないように…そして、どれだけかっこよく立ち回れるか、日々奮闘しております。


今回、幕末純情伝に関わって、周りの方の支えなしでは今の自分はないと強く実感しております。本当に本当にみんなありがとう。

感謝の気持ちと、気合を込めて、挑みます。


ぜひ、一人でも多くの方に、この物語を体現する私たちを見届けてほしいです。



2016年 Gフォースプロデュース


『幕末純情伝』


作/つかこうへい

演出/後藤宏行

音楽/後藤紗亜弥(BLOOD LINE)



○キャスト

井内友理恵(八焔座)

小野寺博

赤堀武士(リンク・エンタテイメンツ)

岡山直樹

茗原直人

前田侑太郎

堀口琢生(アクトゥリス)

中村海人

熊坂宏典

平田里美

原敬

小野やぴ子

飯島利奈

西別府卓



○日程 (全11公演)

4/24(日) 14:00

4/25(月) 19:00

4/26(火) 19:00

4/27(水) 14:00 19:00

4/28(木) 19:00

4/29(金) 14:00 18:00

4/30(土) 14:00 18:00

5/1  (日) 14:00


※開場は開演の30分前です。



○会場

Gフォースアトリエ


〒111-0043

東京都台東区駒形2-3-4

第一荒井ビル別棟2階


第一荒井ビル1階奥へ進み、黄色い螺旋階段からお上りください。



都営大江戸線 蔵前駅

A5.A6.A7出口から徒歩2分


・都営浅草線 蔵前駅

A2.A4出口から徒歩4分



○チケット

前売・当日共 3,200円

(全席自由席)



○ご予約・お問い合わせ

042-464-4549(Gフォース)

090-8721-4713(当日)

grgbs729@ybb.ne.jp(メール)


※コメント、FacebookTwitterからも私に「お名前・公演日時・チケット枚数・連絡先(メールアドレス等)」お伝えいただければご予約致します!




皆様のご予約、心よりお待ちしております!

どうぶつ

 

少し早めの更新、ほらいったでしょ!

はい、ごめんなさい。

 

相変わらず深夜の更新すみませぬ。

ディズニーの曲をBGMに記事書いています。

いのうちです。

 

いよいよ4月頭の公演が約2週間後に迫りました。

再度のお知らせと、今回この舞台のテーマとなっている

「動物を飼う」ということについて、少しお話ししたいなって思います。

 

いのうちは、コタローさんという超絶かわいいわんこを飼っています。

 

f:id:yuri44kota:20160323173923j:plain

これがコタローさん。なんて可愛いんだ。犯罪的。

 

 

小学生の時、近所に犬好きのおばさんが住んでいて、

 

「捨て犬を5.6匹を拾ったので飼わないか?」

 

と言われました。犬好きのおばさんは、

すでに多くのわんちゃんや猫ちゃんを飼っており、

手一杯ということで近所の人にたくさん声をかけていました。

当時小さかった私は、ペットが飼いたい一心で、

両親にねだりにねだってなんとか承諾を得ました。

 

犬はみんな生後1カ月程度で、他の子は茶色だったのに、

コタローさんだけ真っ黒な身体に白い靴下をはいていました。アホみたいに可愛かった。

 

なぜ私がコタローさんを選んだのかは覚えていないのですが、

母は曰く「私のところにすり寄ってきたのよ」らしい。

私は全く覚えていません笑

 

しかし、母は一度犬を飼っていて、亡くなるのがつらいからととても拒否してましたし、

父もちゃんとお世話をするのならばと念を押してきました。

 

小さい頃の私は、犬の世話がどんなに大変なものかなど想像だにせず、

ただ「かわいいから」「飼いたいから」という理由しかありませんでした。

 

最初はお散歩もご飯をあげるのも、おしっこのシートの交換も、

家族がもう一人増えたような、弟ができたような感覚で毎日触るが本当に楽しかった。

 

しかし、私が中学生になり、高校生になり、大学生になり、

自分のことで日々精一杯になると、コタローさんの世話を全くしなくなりました。

 

できてご飯をあげるか、触ってあげるくらい。

今も両親にまかせっきりです。

 

弟ができたような…と言いましたがまさにそれで。

犬も人間も動物ですから、生命を維持するためにお金も時間もかかります。

 

当時の私は根本的な命というものを全く理解していませんでした。

 

今回の舞台に関わってから、

「ペット(動物)を飼う」ということはなんて傲慢な行為なんだろうと思いました。

 

本来、自然の中で暮らしてきた彼らを人間の手中で好き勝手理由をつけて拘束しているわけです。

恐ろしいことだなと思いました。

 

ペットを飼うということを否定したくはないし、これからなくなることも願ってはいません。

ただ、もう一度、見直してみてもいいんじゃないかなって、ただそれだけです。

 

また個人的な話ですが、動物実験には反対派なので、実は化粧品を選ぶのにとっても時間がかかります。笑

 

おすすめは、DHCかちふれ

資生堂動物実験を行っていませんが、私の肌には残念ながら合わず。

 

オーガニックだからといって動物実験していないとも限らないので、

皆様もこの機会に軽い気持ちでちょろっと検索してみてください。

ここの化粧品使ってるけど、動物実験してるのかなどうなのかなって。

 

 

動物を飼うということ。

ペットに対する想い。

人間と動物の違いって?

 

 

そんなことに、ふと思いを馳せて見てほしいです。

 

 

といっても、面白いところ笑っちゃうところはぜひとも笑ってください。

ただ面白い作品なので。笑

 

私の出演はBチームとなります。

内々では、げっ歯類チームなんて言われています。

 

ご予約お待ちしております。

そして、ひも割、自撮り割活用して激安でご覧になってください!

 

栗☆兎ズ、これから注目していってほしい劇団です。

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

栗☆兎ズ 行動展示①


『動く物☆ 』


作・演出/栗☆兎(本橋龍
音楽/オオヤヨシツグ
フライヤーイラスト/村井守

 

f:id:yuri44kota:20160326034614j:plain

 

f:id:yuri44kota:20160326034703j:plain



☆日程☆
2016年4月7日(木)~4月11日(月)

5日間全12ステージ


4月7日(木) B.20:00
4月9日(土) B.14:00
4月10日(日) B.19:30
4月11日(月) B.17:00

☆・・・初回割引対象

※上記公演日程はいのうち出演回のみです。

※受付開始、開場は開演の30分前を予定しております。


☆会場
RAFT
〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4 1F

☆アクセス
JR線・大江戸線東中野駅」下車西口・徒歩13分
丸の内線・大江戸線中野坂上駅」下車A2出口・徒歩10分

☆出演☆
※回によって出演者が変わります。

A.♂室田渓人(劇団チャリT企画)
 ♀中野志保実

B.♂濱津隆之
 ♀井内友理恵(八焔座)

C.♂横手慎太郎(シンクロ少女)
 ♀渡邊まな実


☆料金

予約/1800円
当日/2200円
 


☆割引!!!

初回割・・・7日(木)20:00〜の回は100円引き(下記割引併用可)

♂ひも割・・・ご来場いただいたときに受付で「女性のひも」であること宣言して頂ければ200円引き(嘘はつかないでください)

♀自撮り割・・・Twitterにて、「栗☆兎ズ」という文字をいれた自撮り画像(顔のアップ)を添付して、「#栗兎ズ」とツイートをして下さい。受付にてそのツイートの画面を提示して頂ければ200円引き。


☆あらすじ

台風の日に1人で動物園に来た時、ビショビショになりながら僕は逆に檻の中にいて、観察されてる様な気がした。
檻の中の動物は幸せだろうか。人間という動物にしか、恐らくその価値観はないのだけど。
それを考えることで自ら心の檻に入るということでしか、自然の摂理に収まる為の最低限の節度やモラルは得ることはできないんじゃないか。
 
 


☆ご予約
 
 
上記のURLから必要事項を入力してご予約ください。
もちろんブログのコメントからでもお気軽にお声掛けください!


または「氏名・日時・枚数・ご連絡先」を明記の上、 kuritoz2137@gmail.com までご連絡ください。

☆こりっちページはこちら
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=56807 


☆お問い合わせ
栗☆兎ズ
MAIL: kuritoz2137@gmail.com 
Twitter:@kuritoz
アメブロ: http://s.ameblo.jp/kuritoz/  
 
 
 
みんな!待ってるぜ☆

3.10

 

更新遅れまして…

どうも、いのうちです。

 

この度は、Fence Off Vol.3ご来場くださいまして、本当にありがとうございました!

当日は計90名近くのお客様にご来場いただいて、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

初めてのイベント、しかもLIVEパートに出演ということで、毎日曲を聞いてひたすら練習をして当日もガチガチに緊張しながら、しかし最終的には最高に楽しんで歌うことができました。

本当に本当にしぬほど楽しかったです。

 

歌った曲は竹山諒くんのアレンジで、

 

『ピエロ』

『手紙 〜拝啓十五の君へ〜』

『My sweet darln'』

『あなたに』

 

の4曲と、

 

竹山諒オリジナル楽曲、

 

『Hello』

『MOMENT』

 

 

はじめの4曲から、

 

『ピエロ』

私が本当に大好きなボーカロイドの楽曲です。

人は誰しも仮面を被っていて、いつのまにかその仮面を付けることが当たり前になり、それが本当の自分自身だと錯覚してしまう。

いつのまにか、素直に泣いたり怒ったりできなくなって、それがつらいと思うことすらできなくなって、誤魔化すことだけが上手くなっていく。

曲のストーリーでは、「君」という存在が、大丈夫だと、仮面を外して良いのだよと伝えてくれますが、

私は、自分以外の人間でなく、自分自身でもきっかけさえあれば仮面を外せると思っています。

 

この曲を聴いて、パフォーマンスをみて、自分のピエロの部分に気づいてくれたら、ヒトのピエロを見出してくれたら、そんな思いを込めました。

 

池上明杜、青木奈緒のダンスコラボレーションのおかげで素晴らしい作品となりました。2人とも本当にありがとう。

 

 

f:id:yuri44kota:20160320033224j:plain

 

 

『手紙 〜拝啓十五の君へ〜』

実は今まできちんと聞いたことがありませんでした。諒くんにこれだと言われて繰り返し聞き、なんといい曲か!と気付きました。

諒くんの選曲センスには驚きです。彼との付き合いはまだ2年やそこらですが、私が伝えたいことが詰まりに詰まった曲で、本当に「まじか!」と思いました。笑

自分を信じるということ、どんな時も負けないでほしいということ、この曲は自分から自分への問いかけです。

ちなみに手紙を贈るサプライズは、諒くん発案です。

3月入って4人で撮影に行っていたのは、お手紙の中のお写真のためだったんですなあ。

 

f:id:yuri44kota:20160320034451j:plain

贈った写真は世界に一つしかない写真です。大事にしてくれたら嬉しいなあ。そんなお写真チラ見せしておきますね。

村本ビースト竜昇氏が撮ってくれた写真たち。

 

f:id:yuri44kota:20160320033613j:plain

 

f:id:yuri44kota:20160320033545j:plain

 

そしてメドレーに組み込まれた『My sweet darling』も諒くんからのリクエスト。ポップな雰囲気ですが、結構切ないラブソングなんですよね。

いのうちは割と共感しちゃってる曲です。笑

皆様も、ぜひもう一度フルで聞いてほしい曲です。

とっても難しい曲だったけれど、歌っててとても楽しかった。

 

もうひとつは『あなたに』

これもまたノリノリーな曲ですが、切なかったり熱かったり。

夢で逢えたらどこへいこうか あなたがいればどこでもいいよ」

という歌詞が最高に好きです。こんなこと言われたら実際は鳥肌ものかもしれませんが、こんな想いをもってくれていたらうひょー!って感じですね!へへっ!

 

f:id:yuri44kota:20160320034652j:plain

 

そして、3部で披露させていただいた諒くんオリジナル楽曲。

『Hello』と『MOMENT』

 

これがまたびっくりするくらい名曲なんですよ!

メロディーも歌詞もすごく素敵。

いつか皆様の手元にこの曲が届いたらいいなって思います。

歌詞掲載の許可をもらえていないので、詳細はまだ伏せておこう。

 

きっとまだまだFence Offは続いていくと思うので、

またこの曲が聴ける日を楽しみにしていてください。

 

まだFence Offにいらしたことがない方も、

絶対に楽しませてくれる空間です。つぎの機会にはぜひとも。

 

 

f:id:yuri44kota:20160320034901j:plain

 

2016.3.10

Fence Off Vol.3

MERODIA Tokyoにて

 

3.10がみんなにとって最高に楽しい思い出になっていることを祈って。

 

 

井内友理恵

 

八焔座の一員として

 

皆様、改めまして、
Twitterでもお知らせしました通り、
 
 
いのうちは、八焔座所属女優となりました。
 
 
 
八焔座ホームページも更新されているので、ぜひご覧ください。
 
 
八焔座所属の役者となって、この機会に少しお話しさせていただきたいと思います。
 
 
座長・菊地史恩からのコメントにもあるように、彼の作品には過去に3回関わってきました。
まずその作品たちについて。
 
 
①2012年12月四次元ボックス『ノア』 ユリコ役。
 
 
『ノア』は、3/10に四次元ボックスが再演する『あんのーん』の長編作品。
主人公・光希の深層世界の中で登場した、「概念として」の彼の彼女・ユリコ役でした。
自意識を持たない、人間ではない存在を演じるのは本当に大変でした。
 
しかし、2011年12月、渋谷のルデコという劇場でみた学生版日本の問題『あんのーん』を初めて見たときから菊地史恩の作品に惚れ込み、彼と共に作品を作り上げていく中で、確かに、
「菊地史恩と共に生きたい」と強く感じました。
同時に彼も、『ノア』の現場から私にシンパシーを感じていたようです。
 
 
 
②2013年12月四次元ボックス『此岸花』 八重役。
 
 
『此岸花』はYouTubeに全編アップされています。
 
八重は、女郎として生き、そして死んだ少女です。
またも人間ではありませんでした。言うならば幽霊。
生き埋めになったが故に成仏できず、共に埋められ絆で繋がったタコ労働者たちと七夕の期間のみ姿を現わす。
そんな過去を生きた彼らと、今を生きる人間とが出会い、今を生きる人間たちが能動的に生き方を変えていく物語でした。
 
私は、八重たちはきっと救われたのだと、信じています。
 
お時間あれば、YouTubeをご覧ください。少し前の作品なので今観ると未熟な部分も多々あり恥ずかしいのですが、より多くの方にみてほしい作品であります。
 


③2016年1月八焔座『cicada』 浅田恵子役。
 
 
記憶に新しい恵子ですが、私は菊地史恩作品で初めて生きた人間の役をもらいました。笑
 
菊地史恩は、「恵子は愚直な人間」だと語りました。
恵子ほど真っ直ぐで、頭の良い人間はなかなかいないと思います。
彼女も人間なので、時に人を傷付けることをいってしまったり、自分が傷付いてしまったりすることがありました。きっと。
作中では、自分が間違えたと判断した時、すぐにリカバーしようと努力しました
裏表がなく、自分の欲望に素直なので、ストレスを抱え込みません。
そんな姿が、観にきていただいたみなさまの目に「いい先輩」として映ったのではないでしょうか。
 
『cicada』のトレーラーもぜひ今一度ご覧ください。
 
 
 
 
こうして経てきた、
ユリコ、八重、恵子。
 
3人は私の中で大切に生き続けています。みんなかけがえのない子たちです。
 
 
菊地史恩作品は、苦しむ分だけ、自分自身を成長させ、役の魅力を増幅させます。
そして作品自体に彼の血が通っています。生きています。
 
菊地の作品の登場人物は、作中で起きることを通して真に生きようともがき苦しみ、
自分の中の葛藤と闘い、そして前を向いて歩いていく。
そんなところが大好きです。
 
人間は誰しもが後ろ向きになって、立ち止まって、時に後退することもあります。
しかし、ほんの少しの「きっかけ」で、少しだけ前を向いて歩いてみようと思うこともあります。
 
そんな少しのきっかけを、これから私は八焔座の一員として、より多くの方に与えていきたい。
そう思っています。
 
彼と出会ってから、
菊地史恩と生きていくしかないと思いました。今もそれは変わりません。
彼について行くことと同時に、彼と共にたたかっていきます。
 
 
 
ここからは、劇団員たちについて少し……
 
 
朝戸佑飛と出会ったのも『ノア』でした。
正直当時は、「こいつ苦手だな」と思いました。笑
今でもよくわからないことは多々あるけれども、彼には近親感を感じるのです。
双子の兄、又は手の掛かる兄?
 
生まれも育ちもまるで違うし、考え方も感じ方も大方違うけれど、ふわっとまるっと収まる感覚。
不思議と繋がりを感じます。
彼もまた、菊地史恩のように共にたたかっていく人間です。
 
 
私と共に新劇団員となった、三品優里子
彼女と知り合ったのはほんの1年半ほど前です。
それより前からお互いのことを知ってはいたのですが、
彼女も正直私とは馬が合わないだろうと思っていました。
ところがどっこい出会ったらあっという間に打ち解けて仲良しになりました。笑
 
まだまだ彼女について知らないことだらけですが、三品のもつ「魅力」というのは本当に特殊だと思います。
三品は一緒にたたかっていくというよりも、私が守るものです。
私が男であったら、間違いなく三品を守り続ける道を選んだでしょう。笑
かといって彼女に強さがないわけではありません。私もそんなに強くはありません。
けれど、三品は私が守らなければならないと強く思います。
 
 
そして、金海用龍
彼と知り合ったのはとても特殊な状況でした。
上京したての緊張した彼をみて、「大丈夫かなこいつ」というのが正直な印象でした。
その頃は髪も長くて、なんだかチャラそう…くらいにしか思わなかったものです。笑
 
しかし、彼ほど真面目で義理人情に厚い人間はなかなかいないと思います。
まだまだ今は可愛い後輩ですが、
『cicada』で確かに感じた「これから化ける奴」という感覚を信じます。
経験を積めば積むほどどんどん化けていく人間でしょう。
彼もまた三品のように「魅力」を持つ人間です。
油断してたらやられる…そんなダークホースです。
 
 
 
5人となった八焔座。
八焔座の一員となった井内友理恵。
 
これからもどうか変わらぬ声援、より大きな応援、よろしくお願いします。
 
八焔座の情報はこれから続々公開されていきます。どうぞお楽しみに。
 
 
 
いのうちでした!