いのうちのおうち。

井内友理恵の気ままブログです。

3.10

 

更新遅れまして…

どうも、いのうちです。

 

この度は、Fence Off Vol.3ご来場くださいまして、本当にありがとうございました!

当日は計90名近くのお客様にご来場いただいて、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

初めてのイベント、しかもLIVEパートに出演ということで、毎日曲を聞いてひたすら練習をして当日もガチガチに緊張しながら、しかし最終的には最高に楽しんで歌うことができました。

本当に本当にしぬほど楽しかったです。

 

歌った曲は竹山諒くんのアレンジで、

 

『ピエロ』

『手紙 〜拝啓十五の君へ〜』

『My sweet darln'』

『あなたに』

 

の4曲と、

 

竹山諒オリジナル楽曲、

 

『Hello』

『MOMENT』

 

 

はじめの4曲から、

 

『ピエロ』

私が本当に大好きなボーカロイドの楽曲です。

人は誰しも仮面を被っていて、いつのまにかその仮面を付けることが当たり前になり、それが本当の自分自身だと錯覚してしまう。

いつのまにか、素直に泣いたり怒ったりできなくなって、それがつらいと思うことすらできなくなって、誤魔化すことだけが上手くなっていく。

曲のストーリーでは、「君」という存在が、大丈夫だと、仮面を外して良いのだよと伝えてくれますが、

私は、自分以外の人間でなく、自分自身でもきっかけさえあれば仮面を外せると思っています。

 

この曲を聴いて、パフォーマンスをみて、自分のピエロの部分に気づいてくれたら、ヒトのピエロを見出してくれたら、そんな思いを込めました。

 

池上明杜、青木奈緒のダンスコラボレーションのおかげで素晴らしい作品となりました。2人とも本当にありがとう。

 

 

f:id:yuri44kota:20160320033224j:plain

 

 

『手紙 〜拝啓十五の君へ〜』

実は今まできちんと聞いたことがありませんでした。諒くんにこれだと言われて繰り返し聞き、なんといい曲か!と気付きました。

諒くんの選曲センスには驚きです。彼との付き合いはまだ2年やそこらですが、私が伝えたいことが詰まりに詰まった曲で、本当に「まじか!」と思いました。笑

自分を信じるということ、どんな時も負けないでほしいということ、この曲は自分から自分への問いかけです。

ちなみに手紙を贈るサプライズは、諒くん発案です。

3月入って4人で撮影に行っていたのは、お手紙の中のお写真のためだったんですなあ。

 

f:id:yuri44kota:20160320034451j:plain

贈った写真は世界に一つしかない写真です。大事にしてくれたら嬉しいなあ。そんなお写真チラ見せしておきますね。

村本ビースト竜昇氏が撮ってくれた写真たち。

 

f:id:yuri44kota:20160320033613j:plain

 

f:id:yuri44kota:20160320033545j:plain

 

そしてメドレーに組み込まれた『My sweet darling』も諒くんからのリクエスト。ポップな雰囲気ですが、結構切ないラブソングなんですよね。

いのうちは割と共感しちゃってる曲です。笑

皆様も、ぜひもう一度フルで聞いてほしい曲です。

とっても難しい曲だったけれど、歌っててとても楽しかった。

 

もうひとつは『あなたに』

これもまたノリノリーな曲ですが、切なかったり熱かったり。

夢で逢えたらどこへいこうか あなたがいればどこでもいいよ」

という歌詞が最高に好きです。こんなこと言われたら実際は鳥肌ものかもしれませんが、こんな想いをもってくれていたらうひょー!って感じですね!へへっ!

 

f:id:yuri44kota:20160320034652j:plain

 

そして、3部で披露させていただいた諒くんオリジナル楽曲。

『Hello』と『MOMENT』

 

これがまたびっくりするくらい名曲なんですよ!

メロディーも歌詞もすごく素敵。

いつか皆様の手元にこの曲が届いたらいいなって思います。

歌詞掲載の許可をもらえていないので、詳細はまだ伏せておこう。

 

きっとまだまだFence Offは続いていくと思うので、

またこの曲が聴ける日を楽しみにしていてください。

 

まだFence Offにいらしたことがない方も、

絶対に楽しませてくれる空間です。つぎの機会にはぜひとも。

 

 

f:id:yuri44kota:20160320034901j:plain

 

2016.3.10

Fence Off Vol.3

MERODIA Tokyoにて

 

3.10がみんなにとって最高に楽しい思い出になっていることを祈って。

 

 

井内友理恵